えい坊館-イベント-2019.04.14

お寺の木々BLOG
この記事は約2分で読めます。
お寺の木々

ペアワークでプログラミング~♡

zenIT プログラミング教室

ZenITプログラミング教室、3度目の参加です。 

今日は、永平寺町の吉峰寺さまで坐禅体験をしたあと、えい坊館でプログラミングを学びました。

講師

講師はこのサイトで、何度かご紹介しているあみるさんと、同僚でシステムデザイナーのキャニオンさん。

あみるさんは「ZenIT」の創業者で、シリコンバレーの現役プログラマーさん。

キャニオンさんは、東京で日本人向けにプログラミングの学び方をデザイン後、サポートもされています。

内容

メカ音痴のわたしですが、パソコンの裏側を見ました。
そこには、訳の分からない記号がいっぱいありました。
(;’∀’)

この訳の分からない記号を組み合わせるのが、プログラミング…(;’∀’)
12月に初めて受講した時に、コンピューターと会話をする言葉だと教わりました。

今回もこの言葉でやり取りをするのですが…
やはり最初は意味不明なことばかり…(;’∀’)

ですが、この講座ではペアーを組みふたりで作業を進めるので、孤独になったり、手がピタッと止まることは少なく、未知への挑戦をすることができました。

思考の変化

パソコンを使った「ZenITプログラミング講座」は2度目の受講。

今回は、失敗をすること!を教えてもらったと感じました。
まず失敗をして、その失敗からはじめる、何かを作り出す…

本当はシステム開発の手順のひとつなのかもしれませんが
私の日常生活の中でも使える思考だと、大きな気づきがありました。

プログラミングと聞くと、一般的に難しいと考えちゃいますよね!
ですが、まず、失敗しましょう(#^.^#)というやり方は、メカ音痴の私には優しく…こころに響きました。

まとめ

ZenITプログラミング教室

ネーミングだけでは理解不能な「ZenIT
「ZenとITの融合」の接点をみたくて参加された方が、多かったようにも感じました。

そして、想像していた坐禅とプログラミングの知識とスキルの習得だけではなかった…との声もありました。

この場でこの空気に触れることで、それぞれの答えが見え出したようです。

次回、夏ごろ開催予定と聞いてます。
ぜひ、参加されて「ZenIT」を感じてください。

タイトルとURLをコピーしました